風邪をひいて咳がツライマスク美女

花粉症は昨年治してもらったはずが、今年またその症状が辛いんです

40代の主婦からのご相談です。

 

とても辛い花粉症を、昨年当館で治療して治りました。

ところが同じシーズンになって、いつの間にか再び花粉症になるのは、おかしいのではないか?と言うご相談です。

 

皆さんは、風邪を引いたことありますよね。

それと同じです。

 

花粉症が一旦は治っても、また花粉症に掛かることがあるのです。

これは一度完全に治って、また一から花粉症に掛かるという事が起こっています

 

そして、アレルギーに掛かるのを繰り返してしまうのは、思考パターンにその原因があります。

ここでアレルギーになってしまう理由を、もう一度考えてみましょう。

 

アレルギーとは、あるストレスの責任転化をする反応です

例えば、辛い気持ちの時、その原因を花粉のせいにしてしまう、という無意識の責任転化行為なのです。

 

無意識で責任転化しているので、自覚は全くありません。

なので気づくことも、ほぼ無いでしょう。

 

実はこれ、考え方のパターンなのです。

自分で責任を取るか、自分の責任ではないと拒否するか、の違いがアレルギーになるか、ならないかの分岐点なのです。

 

辛い状況にあり、その責任を自分のせいにして責任を取るか、その責任を自分以外のせいにして押し付けたいのか、です。

これでアレルギーになりやすいかどうか、判断できます。

 

誰かに向かって「全部あなたのせいだ」と、何もないところで問いかけます。

そんな時、大きく2つのパターンに別れます。

 

「そんなの困る〜!」という人は、アレルギーになりやすい人です。

「それはそうだな」と言えれば、アレルギーにはなりにくい人ですね。

 

つまり「考え方」を見れば、アレルギーになりやすい思考パターンが分かるというわけです。

初めに出てきた花粉症の方も、同じような所がある、という事です。

 

複数回のアレルギーに掛かっても、思考パターンを切り替えることで、新しいパターンにすることが可能です。

アレルギーになりにくくすることは、可能なのです。

 

お困りの方、ご相談下さい。

花粉症や食物アレルギー等の心配から、抜け出しましょう。

 

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます