首がね、痛くて回らないんですよ

この言葉は、十数年前にいらした、ある社長さんからの言葉でした。

 

背中から首まで、カッチカチで回らないそうです。

この頃、首が回らない方が多く、その方の前はお子さんと喧嘩したお母さんの首が、回りませんでした。

 

早速、検査をします。

大体は社長さんの、気持ちの見当は付いていました。

 

検査によると、この方の場合お父さんから引き継いだ時から会社の借金が多く、苦労が絶えないそうです。

具体的な言葉で言うと「借金が思ったほど減らず、イライラする」となりました。

 

この「イライラする気持ち」が首から背中をガチガチに凝らせ、苦しめていたのです。

イライラは「首を回らなく」してしまうのです。

 

しかしこの社長さん、経営努力によって借金を大幅に減らし、経営は上向きだそうです。

なので、そこを強く思い出していただき、ご自分の功績を称える気持ちになっていただきました。

 

なんだ私、きちっと会社やっていたんですね

こう思えた時、首から背中にかけてのコリは、完全に消えていました。

 

周りから見ると普段通りですが、ご本人としては別世界になっていることでしょう。

経営者の気持ちが変わっていますから、より一層会社の発展も期待できます。

 

何でも「気持ち」というものは大切ですね。

健匠館ではこのようなご相談も、受け付けています。

 

お困りの方、ご相談下さい。

きっとスッキリできると思いますよ。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます