「どうして体調って、崩れるんですかね」

40代男性からのご質問でした。

 

時期によってインフルエンザが流行ったり、麻疹や水疱瘡が流行ることもありました。

なにかの病気が流行るのは、時期もありますが、それだげが問題なのでしょうか。

 

実は私、この疑問は小学生の頃から持っていました。

そうして現在では、その答えを持つに至りました。

 

体調を崩す原因とは、心理的ストレスの存在のせい。

「ストレス=余計なこと」を考えていると、体力を落としたり、体調を崩すということです。

 

昔の人が言った「バカは風邪ひかない」とは、本当に凄い言葉ですよね。

バカとは、「何も考えない人」なのかも知れません。

 

楽しいことを考えると、機嫌が良くなり、体の調子も上がります。

余計なことを考えると、気分は落ち込み、体の調子も下がるのです。

 

先程のインフルエンザ、麻疹や水疱瘡にかかる訳は、ストレスで体力が落ちる事で起きます。

余計なことを考えていると、体力が落ち、ウイルスに対する抵抗力が弱くなる訳です。

 

初めの「体調が崩れる訳」はストレスの存在から始まっていたのです。

心当たりのある方は、健匠館にご相談ください。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます