『「体温を上げて免疫力アップ」は本当か』という記事を見つけました。

書いているのは、現役のお医者さまです。

 

この記事によると、体温と免疫力って、本当は関係ないようですね。

何でも「低体温療法」という、脳を保護するために体温を下げる治療法を施すと、感染症が増えるので、体温を上げましょうという考えらしいのです。

 

体温上げても健康になるどころか、体温が35度台の人の方が長生きするデータがあるそうです。

まるで「タバコを吸うと、肺ガンになる」というデマと、同じ感じですかね。

 

因みに免疫力の低下を起こす理由は、「ストレスの存在」です。

「馬鹿は風邪を引かない」というのは、何も考えない人は免疫力が落ちない、という事なんです。

 

ストレスというのは、「余計な事を考える」という事です。

考えなくても良い事を、考えてしまう事がストレス、なんですね。

 

免疫力低下にお悩みのあなたに、まずはお手軽にEFTをお勧めします。

本格的にはセミナーを受ける必要がありますが、まずはこちらのページをお試しください。

 

それでも足りない時は、健匠館にご相談ください。

西宮市の健匠館では、あなたのストレスを取り除き、正常な免疫力を取り戻します。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます