「主人の言うことが、本当に気に入らないんです!」

プンプンに怒った、60代主婦からのご相談です。

 

この方はご主人に限らず、実の娘さんの言葉も気に入らないそうです。

因みに、この方のご主人は年に1度ほどいらっしゃるのですが、私から見てとても良い方です。

 

私は「もしかしたら」と思い、調べてみると、やはりという言葉が出てきました。

それは、「無礼者! 私の価値を知らないのか!」という非常に過激な言葉です。

 

実はこの方は長女で、もの凄く大切に育てられてきました。

ところがご本人から見ると、「自分はとても大切に扱われるくらいに、素晴らしい人間なのだ!」と勘違いしてしまったのです。

 

その結果、自然とご家族に対し、「物凄く丁寧に扱え」と求めるようになった、という事なのです。

ご自分的には「究極のお嬢様」なのですから、仕方がないですよね。

 

「私、凄い考えをしてたんですね。なるほど、という感じですが…(苦笑」

これでご家族にも、平和が訪れると思います。

 

何故、私はこんなに苦しいのだろうと、疑問に思う方はいらっしゃいませんか。

西宮市の健匠館は、あなたの疑問を解き、平和な心を取り戻します。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます