「本当に一所懸命やっているのに、何故かうまく行かないのです」

このような方は少なくないはずです。

 

どうもうまく行かない。

だから、より一層頑張ることが必要だ!

 

そう思って、とにかく努力をするって方、多いように感じます。

努力すれば、理想が叶うという訳ですね。

 

しかし、その努力の方向は、正しいのでしょうか。

努力の延長上に、成功はあるのでしょうか。

 

実は、そうではないかもしれません。

「その努力」は、成功へと繋がってはいないかも知れないからです。

 

一般的には子供の頃は、学校に通います。

ここで、正しい答えを導き出す練習をします。

 

算数なんか分かりやすいですね。

唯一の答えがありますから。

 

ところが大きくなると、答えが一つではなくなってきます。

高校生の男の子が、「次は大学かな、就職かな、もしかして芸能人という手もあるなあ」なんて考えるかも知れません。

 

小学校レベルでは、答えは一つです。

これは「答を出す練習」をしてます。

 

その先に「答を探して選ぶ」があります。

この答えは、どれが正しいという訳でもなく、ある意味どれも正しいかも知れません。

 

その答を選べる問題で、その方だけが「辛い道」を選んでいる場合があります。

初めに出てきた、「一所懸命やっているのに、うまく行かない」と言うやつです。

 

目指しているものが、本当の意味で成功へと繋がっていない事があります。

例えば、沖縄へ行くのに北海道に向かって進む、ような感じですね。

 

どこで勘違いに気付いて、修正できるか。

非常に難しい問題です。

 

当館の感情療法は、その無数にある答えの中から、あなたの求める答を探す事も可能です。

本当のあなたは正しい答を知っているのですが、後天的な「知識」が色々と邪魔をしていた訳ですね。

 

無数にある答の中で、お困りではありませんか。

どうせですから、「好みの答え」を選びましょう。

 

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます