当館のパニック障害治療は、主にストレス思い込み過去のトラウマを解決することで効果を発揮します。

しかし最近、心の問題だけでは、パニック障害が完治しないことがあり得ると分かりました。

 

それは、アレルギーにより、パニック様の症状が出る症例が、見つかったからです。

 

最近見つかった、パニック障害に関するアレルゲンは、

  • 人間
  • 人混み
  • 整髪料

などが挙げられます。

これらに対し、ココロではなく、カラダが反応してしまうことがあるのです。

 

通常、多くのパニック障害は、過去に自分が味わった環境と、その時に感じた感情により、発作が起きると考えていました。

しかし、これらアレルゲンが介在する場合のパニック障害は、気持ちには全く変化がなく、なぜか症状が出てしまいます。

 

通常、アレルゲンという定義は、何らかの物質に対して行われるでしょう。

しかし、ある特定の条件でさえ、「自動的にカラダが何らかの反応をする」のであれば、それはアレルゲンと定義することにします。

 

実際、母親が息子さんにアレルギー反応を示すことは以前からありましたし、ご主人のアレルゲンが奥様だったということもありました。

これらが影響すると、何ら悪い感情は持っていないのに、体調を崩したり、疲れやすくなったりするのです。

 

パニック障害も同じです。

「人間」や「外」などという、一見、概念的なものに対する体の反応が、パニックだったということですね。

 

これらの除去により、パニック障害の治療はより効果を発揮するようになりました。

そしてこれらの考え方は、うつ病に対しても有効です。

 

理由もわからず、なぜか特定の条件で発症するなら、それはアレルギー性の症状かも知れませんね。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます