N112_kaowoooujyosei_TP_V

ドキドキして怖くなるんです

40代主婦からのご相談です。

 

出掛けるとなぜか動悸が起こり、その動悸に恐怖を感じるようになったそうです。

そのお陰で出掛けることを避けるようになり、でも食事を用意する為に買い物は必要なのでお困りです。

 

明らかな「パニック障害」ですね。

お話では3年前から発症し、現在も通院中だそうです。

 

パニック障害は、何かの拍子に動悸が起こり、強い恐怖感に襲われたのが原因でなります。

動悸がどんどん強くなり、このままだと死んでしまうと、思い込んでしまうのです。

 

パニック障害は比較的起こりやすい症状で、多い時は20人に1人の割合で起こります。

誰でもなりうる症状なのです。

 

この症状の辛いところは、「このままでは死んでしまう!」という恐怖感でしょう。

しかもいつ出てくるか分からないところが、非常に困ったところです。

 

原因は「強い思い込み」のある事です。

つまり、「このままでは死んでしまう!」と言う「強い思い込み」です。

 

当館の感情療法では、パニック障害になったキッカケを消してしまいます。

キッカケがなくなれば、症状はなくなるのです。

 

ここで問題となるのは、性別です。

パニック障害では、これが大きく効果の差になりうるからです。

 

男性の場合、「よし、もう大丈夫ですよ」と言えば、安心していただけます。

安心できれば、パニック障害は治るのです。

 

しかし女性の場合、「もう大丈夫ですよ」とお伝えしても、長期間パニック発作が出なくても、ご本人は安心できない方がいらっしゃいます。

「もう2年間も発作は出ていないんですが、安心はできません」と、パニック障害から脱出できない訳です。

 

安心できないからパニック障害は治らないのか、と言えば、そうではありません。

半年に一回の施術の次は一年に一回になり、二年、三年と長くなれば気にならなくなります。

 

パニック障害が気にならなくなれば、ある意味治ったと言えるのではないでしょうか。

現在のところ、この施術法が最良だとおもいます。

 

現在のところ更に良い手法が出来上がっていませんが、そう遠くない将来、必ずや見つけられると信じています。

やはり女性の心というのは、難しいものですね。

 

せめて娘に嫌われないよう、気をつけます。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます