?浴衣を着た女性のうなじ

「私、パニック障害で困っているんです」

そう言われる方は、 かなり多いですね。

 

私はパニック障害だ。

不思議とその自信が強いのです。

 

そして、その様な自信があるのは、大抵女性です。

男性では少ないと言うか、こういう方は当館ではいませんでした。

 

これは男性と女性での、考え方の違いです。

なので仕方がないですね。

 

先程出てきた「自信が強い」ですが、そのせいで女性のパニック障害は治るのに時間がかかりやすく感じます。

その自信とは、「私はパニック障害だもの」です。

 

この自信は、症状を治らなくします。

「私はパニック障害だもの」と言う強い思いが、自分をパニック障害にさせ続ける訳です。

 

病院に通い続けて、お医者さんに「あなたのパニックは治りましたよ」と言われても、自信があるのでダメです。

「医者のクセに何言ってるの、私、パニックなのに!」と怒らせてしまいます。

 

ここで冷静に考える必要があります。

発作が起きたのはいつか、という事です。

 

こういう方の中には、過去2年以上もの間、全く発作が起きていない方がいます。

なのに「今日は大丈夫だった」と、毎日考えているのです。

 

当館の感情療法は、思い込みに作用させることが可能です。

「私はパニック障害だ」を綺麗に取り除いてしまうのです。

 

「私はパニック障害だ」と言う思い込みの強い方はいらっしゃいませんか?

余計な思いは捨てて、楽になりましょう。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます