93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s

ストレスの原因として、

それが気になるから

というのがあります。

 

以前ご相談がありましたが、

「太っているのがコンプレックスなんです!」

と言われたので、

「太ってないじゃないですか」

と伺うと、

私にとっては、太っているんです!

とのことでした。

 

つまり、本人的には「とてもとても重要で気になる事」なんですね。

これは言い換えると、「本人以外にはどうでも良い事」である場合が多いということです。

 

そしてストレスの多くが、実はこれに当たります。

本当はどうでも良いことを、とても重要なことと勘違いしているわけです。

つまりは思い込み、です。

 

思い込み、気づくのが難しい部分ではありますが、ストレスを感じたときのことを考えるとヒントがあります。

何に反応して、ストレスとなっているか?」という部分です。

 

「太っている」であれば、「もっと細くあるべきだ」という所かも知れませんし、「自分の思うイメージくらい細くないと恥ずかしい」かもしれません。

「給料が安い」であれば、「「もっと高給であるべきだ」かもしれません。

もし「子どもが言うことを聞かない!」であるならば、「子供は親の言うことを聞かなければならないのに!」という思い込みが存在するケースが多いです。

 

全ては思い込み、ですね。

 

また、「若いうちの悩み」もあれば、「親としての悩み」もあります。

極端なダイエットに走ったり、子供の問題もありますね。

 

これらの問題に対し、当館の感情療法では、それらの悩みの本質を考えます。

そして思い込み自体を解決してしまうのです。

 

解決された悩みは、もうストレスではありません。

悩み自体が、なくなるからです。

 

ご自身の悩みの本質、思考パターンがどこから来るのか、それを知りたい方はご相談ください。

きっとスッキリと解決できると思いますよ。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます