OMG151018070I9A2027_TP_Vストレス性の症状? まさか〜

こんな受け答えが、以前はありました。

?

この足の痛みは、階段でコケたから。

この痛みは、ぶつけたから。

 

痛みの理由がハッキリしているわけですね。

しかし、その理由は思い込みがないでしょうか。

?

このような痛みは、その事実はありますが、個人の持つイメージの方が重要です。

すごく痛いと言うイメージは痛みを増加させ、軽い痛みのイメージは痛みを少なく感じさせるのです。

?

特に脱臼などは、クセになるイメージがあります。

イメージがあるからクセになるのです。

?

「自分は捻挫をすると、治るのに2週間かかる」と言われれば2週間かかるし、「1週間で治る」と思えばそうなります。

あくまで思い込みの範囲では、ですが。

?

でもかなりの範囲で、イメージ通りになってしまいます。

体の回復範囲は、個人の持つイメージに近づくようになっているのです。

?

先入観なく怪我を捉えていれば、普通の回復力が働きます。

実はこの時の回復力が最強なのです

?

本当は1週間で治る捻挫でも、整骨院で「2週間かかる」と言われれば2週間かかってしまいます。

これは整骨院の先生が信用されているので、その言葉に影響されてしまうためです。

?

以前、医者に「3月末位に退院をしましょう」と言われた患者が、「わしは2月中に退院するよ」と言って、本当に回復、2月末で退院したという話がありました。

これも他人の言葉を鵜呑みにせず、体の調子を信じたお陰でしょう。

?

利益のない言葉を鵜呑みにせず、最速で回復をしたいなら、自分の体を信用することです。

体はあなたの為に、全力を尽くしてくれるはずです。

?

でも何だ頼りないなら、その信用を取り戻すことが可能です。

信用することで、あなたの期待に応えることも可能となります。

?

当館の感情療法は、その「信用」を取り戻すことを現実化します。

一番良い状態を、人為的に作り出せるのです。

?

お困りの方、ご相談下さい。

あなたのポテンシャルは、本当はもっと優れていますよ。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます