www-pakutaso-com-shared-img-thumb-ozp85_gannkyuuhirou

「私、飛蚊症なんです」

このようなご相談がありました。

 

飛蚊症と言えば、目の前にゴミのようなものが飛んでいるように見える症状です。

もちろん、実際にはゴミどころか、何にも飛んではいません。

 

検査の結果、飛蚊症の原因は「ストレス」でした。

ストレスが「飛蚊症の見え方を作り出していた」のです。

 

今回はストレスが「肝臓」に負担をかけ、その結果が「飛蚊症」という形をとり、表出していたわけです。

肝臓のキーワードの一つが「理解」で、それに負担をかける事態に陥った訳ですね。

 

原因が分かったところで、早速その負担となっていたもの、ストレスを取り除きました。

そうすると視界が明るくなり、よく見えるように変わったそうです。

 

以前から飛蚊症の施術は何件か行ってきましたが、原因は全てストレス性の症状でした。

今のところ、ですから、今後は分かりませんけどね。

 

それにしても、ストレスって症状作り出してしまうなあ、という感じいですね。

昨年私が入院した時、看護婦に対するストレスで、体のあちこちが痛くなりました。

 

ところが私の症状は「脳卒中」のため、治療法を忘れしまっていた訳です。

脳の病気って、怖いですね。

 

そして入院5ヶ月目にして、何故か突然治療法を思い出し、1週間で全ての痛みがなくなりました。

痛かったのは首・肩・背中・腰・腕などって、痛いとこだらけでした。

 

そして確か「首」の痛みが「肝臓」から来ていました。

因みに「寝違え」も肝臓からですから、肝臓から首はよくある症状なんです。

 

あなたももしかして「飛蚊症」でお悩みではないですか?

原因を突き止め、解消することで、飛蚊症はちゃんと治ります。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます