自宅にいるときの話です。

6年生の娘が、鼻をかんでいました

 

「風邪か?」

そう聞きましたら、

「うーん・・・
家だけなんだよね、鼻水でるの
学校でも、外でも大丈夫なんだけど、家にいる時だけ鼻が詰まっちゃって」

と言うじゃあ?りませんかっ!

 

家の中はダメで、学校でも、外にいる時でも大丈夫ってことは・・・・・

「ってことは、犬アレルギーか」

我が家にはミニチュアダックスフントが2匹いますから、それくらいしか考えられません。

「い、いや!!
この子たちは、悪くないよ!!」

と言いますが、それとこれとは別。

早速、アレルギー除去をする方が良いですよね。

 

「文句言うな。
こんなに鼻が詰まっていたら、夜もよく眠れないだろ」 

と言いながら、犬アレルギーを除去を始めます。

 

通常ならアレルゲンを検査でキッチリ調べるんですが、娘が犬をかばうあまり検査し難いので、経験とカンで除去作業を進めます。

所要時間は、まあ全部で20分くらいでしょうか。

終わってみると、やはりと言うか、鼻が通ってきてるみたいでした。

 

それから3日ほど経ちました。

母親から見ても鼻炎は収まっているそうですから、犬アレルギー性鼻炎だったことは間違いないようです。

「どうだ、鼻通ってるだろう?」

と娘に聞くと、「・・・うん」、と面白くなさそうに答えていましたが、愛犬であってもアレルゲンになりうるって事ですね。