アレルギーって体質でしょ

過去に質問された言葉です。

 

アレルギーの多い人、少ない人の違いは、体質だから仕方がないという考えです。

果たして、これは本当でしょうか。

 

例えば親がアレルギーであれば、子供もアレルギーになりやすい事はあります。

アレルギーというのは、残念ながら遺伝することがあるからです。

 

しかしアレルギーには、本当の原因があります。

実はアレルギーというものは「自分以外に責任転嫁をした結果」なのです。

これだけだと、とても分かりにくいですね。

 

例えば「花粉症」を例にとってみます。

花粉症の流行る春とは、進学・就職・移動など「環境の変化」が多い時期です。

 

環境の変化が多いという事は、ストレスも多くなりがちです。

例えば「会社員で転勤して、転勤先の上司の機嫌が悪い」という状況を例にとって考えます。

 

その時に「今は会社としての成績が良くないから、上司の機嫌は仕方がないか」と思える人は問題ありません。

この人は「ある程度の納得」をしているからです。

 

しかしこの状態を納得できないと、上司がストレスに感じ、ある状態に陥ることがあります。

上司の機嫌が悪くて、居心地が悪いなあ」という感じです。

 

この時、アレルギー体質の方に起こる、恐るべき「条件反射」があります。

「居心地が悪いのは、今飛んできている花粉のせいだ」と『体の勘違い』が起きることがあるのです。

 

そんな事ある訳ない、と言っても、勘違いだから仕方がありません。

更に「花粉が飛んできたという事は、今は居心地が悪い!」と条件反射まで起きます。

 

体は花粉を排除しようと、咳・鼻水などの防御反応を起こします。

これが「花粉症」の正体なのです。

 

他のアレルギーも同じく不快な症状を出して、体にアレルギーを起こすものから遠ざけようとします。

全てのアレルギー反応は、同じ理由で起きます。

※親から受け継いだアレルギーは理由が別ですが、健匠館で取り除けます。

 

健匠館の感情療法では、アレルギーを起こしたアレルゲンと、その原因となったストレスを取り除きます。

つまりアレルギーになる前の状態にまで、戻してしまうから治るわけです。

 

これからの時期の花粉症や、給食に出るパンの小麦アレルギーや卵アレルギー等はキチンと治しておきましょう。

西宮市、健匠館の感情療法なら、あらゆるアレルギー治療が可能です。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます