Office Lens 20160705-105203

果物アレルギー ご注意を

今朝の新聞にあった記事の1つです。

 

ご注意を、って言われても、どこをどんなふうに注意するのでしょうか?

はっきり言って、注意のしようがないと思うのですが。

 

一般的に「アレルギーは治らない症状」たと思われています。

なので食べない、触れない、吸い込まないように気をつけるか、薬で緩和するしか無いように一般的には言われています。

 

ところが、アレルギーを無くす方法が見つかりました。

それは、「アレルギーになった時のストレスを無くす」事です。

 

例えば結婚式。

これは実際にあった話です。

 

ある女性の方(もちろん男性も)の結婚式がありました。

そして最後に花束に囲まれて、送り出すシーンでの事です。

 

周りのみんなが、「おめでとう!」と送り出してくれます。

よくあるのですが、おめでたいシーンですね。

 

ところがこの女性、「そんなに祝ってくれたら、悪い〜」と思ってしまったのです。

祝ってくれてるのに、気の毒に思ってしまったのですね。

 

この方は、「花束」に囲まれて「罪悪感」を感じていました。

すると不思議なことが起きました。

 

この女性は、花粉症になってしまったのです。

 

体というのは、心のように「勘違い」をする事があります。

勘違いをして、「この罪悪感の原因は、花粉のせいだ!」と捉えてしまい、花粉を感じると一所懸命に排除するようになったのです。

 

これが花粉症の始まり。

だから花粉を感じると、クシャミ、鼻水、目のかゆみ、涙まで出るようになったのです。

 

これは他のアレルギーも同じです。

食物アレルギーも金属などのアレルギーも、シャンプー、石鹸も、犬アレルギーや猫アレルギーだって同じ原理でかかってしまうのです。

 

では「アレルギーは治らないのか?」と、ここが問題です。

実は「アレルギーは治る症状」になったのです。

 

私が体系化しました。

重要なのは「アレルギーになったときのストレス」を取り除く事でした。

 

先程の「花粉症」でしたら、「罪悪感」でしたね。

ですから「罪悪感」を取り除く訳です。

 

どうやってストレスを取り除くかは、当館の編み出したテクニックで可能です。

一般的には「EFT」が良いのではと思います。

 

アレルギーでお困りの方、一度ご相談ください。

あなたのアレルギーも、ここで治る可能性がありますよ。

 

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます