アレルギーになってしまう理由は何なのですかね

先日、施術中に聞かれた言葉です。

 

本当にアレルギーになるのって、不便が増えます。

思わずアレルギーには「運悪く」と考えがちです。

 

普通はアレルギーになった理由なんか分かりませんから、運が悪いと思いがちです。

ところが、本当は「アレルギーになる理由」があります。

 

アレルギーになる理由は、自分以外に責任を押し付けた結果です。

つまり「責任転嫁がアレルギーの原因」なのです。

 

例えばよくある「小麦アレルギー」を考えてみます。

実際にあった、以前に健匠館へといらした方の話です。

 

この方は会社員で、朝食にパンを食べていました。

これはよくある話ですよね。

 

そしてその時、「今日は本社の見回りがあるのか。面倒だな」と考えたのです。

この「面倒だな」というストレスが、実はパンの小麦にアレルギーを起こし、この方を腰痛にしてしまいした。

 

今回の小麦アレルギーになった理由はこうだったのです。

つまり小麦アレルギーは、「今日の面倒は、今食べている小麦のせいだ」と無意識でパンの小麦に責任を押し付けているからなのです。

 

人は「小麦のせい」と認定した責任をとらなくて良くなりますが、小麦を避けるように反応を出します。

これがアレルギーの正体なのです。

 

小麦アレルギーの反応には肌に出る、腹痛に出る、など色々ありますが、全て「小麦のせい」と無意識に思い込んだ「小麦」を、避けさせるための反応です。

これは花粉症など、他のアレルギー反応でも同じです。

※親から受け継いだアレルギーもありますが、こちらも健匠館で修正可能です。

 

アレルギーにお困りの方、ぜひご相談ください。

健匠館の感情療法があなたの考え方を変え、不要なアレルギーを取り去ります。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます