あのアレルギーってなんですかね

ある患者さんからのご質問です。

 

例えば「花粉症」になりたい人は、まずいないでしょう。

ところが多くの方が、毎年花粉症になってしまいます。

 

そこで「花粉症に意味はあるのか」という意味での質問でした。

アレルギーはとても厄介で、不便なものですから。

 

アレルギーとはジンクス、縁起の悪いもので、「悪い記憶を呼び起こすもの」です。

アレルギー反応をさせるキッカケ=アレルゲンは、反応を引っ張りだす作用はありますが、反応の原因ではないのです。

 

話が複雑でしょうか。

 

例えば犬に噛まれたことのある人は、犬が単独で歩いていると、噛まれた記憶が蘇り、ゾッとするかも知れません。

しかし、歩いていた犬は「噛んだ記憶をつくった犬」ではない、という訳なのです。

 

ところが犬を見るとゾッとするのは事実です。

犬に反応して、自然と「ゾッとする」訳ですね。

 

このような訳で、アレルギーとは「アレルゲンを感じることで、その頃のマイナス感情を思い出している状態」となります。

犬を見て、反射的に「噛まれた」を思い出しているのです。

 

春は花粉症の季節。

引っ越し・進学・就職・卒業なども、さまざまな別れや変化の多い頃です。

 

辛いことも悲しいことも、悔しいことも感じやすい時期は、ストレスも多い時期です。

花粉症が増えるのも、ストレスが増えたせいなのです。

 

健匠館では全てのアレルギーに有効な、感情療法を開発した施術院です。

あらゆるアレルギー症状、ご相談ください。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます