既読つけちゃった

様々な症状に、苦しむ方々がいます。

もちろんご本人は、症状なんて望んではいません。

 

よくあるのは肩こりや腰痛。

酷くなると頭痛や吐き気、更に酷いと病気になります。

 

症状はあなたのストレスが作り出しているのです。

意外かも知れませんが、これは事実です。

 

例えば小学校で、インフルエンザが流行るとします。

時には学級閉鎖になる事もあります。

 

しかしそんな時に、インフルエンザには全くかからない人がいます。

学生時代の私もそうです。

 

結論から言うと、ストレスで弱ってしまったところに、インフルエンザがかかるのです。

だからインフルエンザにかからない人は、インフルエンザの人達に囲まれてもかかりません。

 

インフルエンザは弱った人→ストレスにやられた人がかかるのです。

弱っていないなら、病気知らずのはずです。

 

逆にストレスまみれなら、体を壊します。

大きな病気をした事がある方は、その時期、大きなストレスがあるはずです。

 

大病をした事がある来館者の方々に、思い切って伺った事があります。

「その頃、とっても〜でしたよね」という感じで、です。

 

例えば、「胃がんを患った頃、もしかして『ありえない!』と言う苦しみがありましたよね」のような感じです。

あるいは「子宮筋腫を患った頃、『もうどうなるか分からない!』と言う頃ではないですか」と言うのもありました。

 

ストレスは内臓にたまります。

そしてどのストレスが、どこの内臓にたまるかは、研究すれば分かります。

 

ストレスと内蔵は相関関係があり、どの感情がどの内蔵に貯まるか決まっているからです。

そしてそれは、内臓の働きの意味と繋がっているのです。

 

当館の感情療法は、その関係性を纏めたものです。

症状から内臓が分かり、内臓から気持ちを推測可能です。

 

自分はなぜこんな病気になったのだろう。

そんな疑問に答を出して、気持ちと症状を変えましょう。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます