花粉症って、どうしてなるんですか?

以前聞かれた言葉です。

 

花粉症には、どうしてなるのか。

防ぐ方法はあるのか。

 

殆どの方からすると、考えた事もないのかも。

健康食品の会社に言わせると、「体の中の花粉量が、ある一定量を超えると発病するのです」なんて言ってたけど、こんなのはウソです。

 

多くの花粉が飛ぶ時期って、多くの「変化」を味わいやすい時期と一致します。

出会いや別れなど心境の変化、進学や就職、引っ越しなど環境の変化など、春は変化の多い時期なのです。

 

人は変化に弱い。

今までと違う状況だと、苦手に思う方も珍しくはないでしょう。

 

新しい会社、見知らぬ土地で不慣れなのは当たり前です。

そんな状態でも通勤通学はありますし、とにかく生活する必要があります。

 

そんな時にストレスにあったら、人はどうなるのか。

忙しくて余裕のない状態でのストレスは、ある心理を作ることがあるのです。

 

その心理とは、

このストレスは、私のせいではない

です。

 

そこで更に意味のない「ヤツアタリ」を引き起こします。

それが「このストレスは、今飛んできた花粉のせいだ」です。

 

例えば「今叱られたのは、花粉のせいだ」とか、「私が失敗をしたのは、花粉のせいだ」など、理由は破綻しています。

八つ当たりするほど余裕がない心理状態なので、理論的には解決不能なのです。

 

落ち着いて考えると、叱られることも、失敗することも、花粉と結びつくことはありません。

誤って結びつけたのは、「余裕のない心理状態」のせいだったのです。

 

春先はその様な心理状態が増え、同時に花粉の飛散量も増えますから、花粉症をつくりやすい状況が出来上がります。

花粉症を作り出しているのは、ストレスなのです。

 

健匠館の感情療法は、ストレスと花粉の結びつきを解きほぐします。

「花粉=ストレス」から「花粉≠ストレス」に変えることで、花粉症はなくなるのです。

 

お困りの方、ご相談ください。

花粉症の軽い方なら1時間程度、重い方でも6時間ほどで花粉症はなくなりますよ。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます