「どうして私の父は、あれほど怒りっぽいのでしょうか」

先週の施術中、訊かれた質問です。

 

質問のお父さんは50代の会社員だとの事でした。

あら、私ももうじき50代突入ですから、他人事ではありませんね。

 

まず第一に、「怒る」というのはどういう時になるのでしょうか。

実は怒るって、「思い通りにならないイライラの爆発」なんです。

 

例えば「どうしてこんな事するんだ!」みたいな感じでしょうか。

つまり「本当はこうして欲しかったのに」という期待を、裏切られた気持ちが爆発してしまうのが「怒り」なんですね。

 

例えば

 誕生日なのに、ケーキがでなかった

 良い結果を期待してたのに、こんな結果だった

などを想像すれば、怒るのも想像しやすいと思います。

 

では「どうしてこんなに怒るのか」という部分です。

怒りっぽい人は、どんな傾向で爆発しているのでしょうか。

 

それは「強い期待を裏切られるのが、耐え切れなくて怒る」わけです。

「あれほどワクワクしたのに!」とか、「上手く行ってくれる、はずだったのに!」のような感じですね。

 

そして期待が強いほど、怒りも強くなります。

期待する側の思いが強いと、「一所懸命期待したのに、私の期待を裏切りやがって!」のようになりやすい訳です。

 

怒りやすいお父さんは、とにかく真面目に一所懸命で余裕がないのです。

しかも一所懸命すぎると、怒りも強くなります。

 

私の経験だと、人間が全員丸くなれるのは80歳頃でした。

気が短い方は、お坊さんの修行や、EFTをお勧めしておきます。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます