「この腰痛、どこに行っても良くならないんですよ」

紹介でいらした40代主婦からのご相談です。

 

この方はご結婚された30歳の頃より腰痛を発症。

それ以来いくつもの病院を渡り歩き「手術が必要」と言われ断り、現在は整体・カイロプラクティックを色々と試しているそうです。

 

「私の腰痛は、なかなか強敵ですよ〜」

う〜ん、何だか少し、楽しそうな…

 

検査してみると、結婚してからのストレスというより、「またまだ働きたい!」という気持ちが腰痛になっているようです。

「子供ができて結婚したので、子供が小さいうちは家に居ようと判断したんですよね」との事でした。

 

早速、それらのストレスを取り除き、検査では腰痛はないと出ました。

ところが、「まだ痛みます」と言われてしまいました。

 

もしかして…

「もしかして、『腰痛は治らない』という自信はありませんか?」

「まあ、簡単には治らないとは思います」

「それだ!」

 

このような症状は、ご本人の「常識」が作用します。

手術が必要なほどの腰痛だから、それ以外は効果がない、という思い込みが腰痛を消えなくしていたのです。

 

健匠館では、「治らないという思い込みを、取り除くことが可能です。

症状で苦労した方ほど、「治らない」という思い込みは強くなる傾向があります。

 

思い込みを取り除くと、腰痛は解消しました。

どこに行っても良くならない、などという方は、この手の思い込みが強い方だと言えます。

 

どこに行っても良くならないと、お困りの方はいらっしゃいませんか。

西宮市の健匠館では、そのような方も回復しています。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます