N112_kaowoooujyosei

世の中には、「怖がり」という言葉があります。

他の人から見ると何でもないことが、当人にとっては大変な恐怖の対象になる訳です。

 

良くあるのだと、「犬」なんかがそうです。

私も犬が怖いという過去がありますが、現在は犬を飼っていて、とても可愛いと思っています。

 

この様に、「怖い」と言うのは「思い込み」なのかも知れませんね。

以前まで怖いと思っていた対象が、可愛いと思えるのですから。

 

しかしその逆も、勿論あります。

ある事がキッカケとなり、突然「怖い」対象になってしまう事があるのです。

 

ある対象が怖くなったり、外出が怖くなったり、車の運転や仕事、学校に行く事に恐怖を感じて、行動が出来なくなる事があります。

他の人から見れば理解不能ですが、本人からすると恐ろしく強く「怖い」を感じる訳です。

 

何かが強く「怖い」と言う印象を与えた場合、多くの人はそれを避けるようにしやすいです。

犬に噛まれて恐怖した人は、犬を避けることで、恐怖に遭わない行動を選びやすくする訳ですね。

 

当館の感情療法は、「怖い」と感じさせた記憶を、客観視させます。

「怖い」という思い込みや記憶を、落ち着いて思い出せる様に変えることができるのです

 

何かをキッカケにして、「怖い」せいで行動が出来なくなる方はいらっしゃいませんか?

そのキッカケを書き換えて、「怖い」を無くしましょう。

 

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます