ずっと喉が痛んで、薬を飲んでも効いた気がしないんですよね

40代の奥さんからのご相談です。

 

いつの間にか喉が痛くなり、仕事を休むわけにはいかないと、まずは病院に行きました。

そして病院では薬が出るも、あまり効いた気がしなく、久しぶりの健匠館にいらした訳です。

 

早速、検査です。

久々に出てくるのは、何でしょうか。

 

検査で出てきたのは、ご主人です。

ストレスの内容は、「う〜ん、これはガマンしなきゃなぁ」という気持ちでした。

 

「こんな気持ちが出てきましたけど、なにか覚えはありますか?」

「ははぁ、なるほど」

 

お話によると、この奥さんの家事を助けるため、いつもご主人が掃除機を掛けてくれるのだそうです。

奥さんの仕事帰りが遅くなる事もあり、先に帰るご主人が掃除機を掛けてくれるのは有り難いのですが、なぜか掃除機の音で頭痛がするそう。

 

そこで「掃除機の音は、頭痛がするから止めて」とお願いするも、「それは俺、悪くないだろ」と取り合ってくれません。

そこで「私の代わりに掃除機かけてくれているのだから、これはガマンしなきゃなぁ」と、掃除機の音に文句を言わない決意をされたわけです。

 

ここで「言いたい気持ちをガマン」と言うのが、喉が痛い症状の原因だったようですね。

好意でしてくれている掃除には、文句を言いにくいですよ。

 

それでは「文句を言いたい気持ちをガマン」というストレスと「洗濯洗剤」のアレルギーもありましたので、それ等の除去を行いました。

これで夜には楽になっているはずです。

喉が痛いので薬を飲んでいるけど、楽にならないとお困りの方はいらっしゃいませんか。

西宮市の健匠館は、病院では原因不明の症状が得意な施術院です。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます