すごい緊迫感で、息ができない感覚さえあります

40代の主婦からのご相談です。

 

お話によると、この方は恐らく中学生位からパニック発作が起こり始め、今も携帯電話が手放せないほどだそうです。

そんな状態で二人のお子さんも育て、本当に大変です。

 

調べてみると、確かに中学生時代にポイントがありそうです。

その頃、ノストラダムスの大予言読んでました

 

そうしてパニック障害の原因がわかりました。

今回の場合、鬼気迫る「勘違い」が起きていたのです。

 

彼女は中学時代に「ノストラダムスの大予言」という本にのめり込んでいたそう。

そうして完全に「予言の信者」となり、「いい? 何か大変な事が起こったら、ここの公園に集まるんだよ!」と、お母さんと妹に打ち合わせをしていました。

 

そうした毎日のあと、彼女の学校ではブラスバンドの発表会がありました。

彼女はブラスバンド部だったのです。

 

そうしてステージでは、幕の開くのを待つ彼女。

そうして開演の幕が開きました。

 

その時、彼女の目の前には、開いた幕の間から目に届く、明るい照明の光があったのです。

明るい照明を見た彼女の頭は、ある考えで一杯になってしまいました。

 

「戦争が始まった!」

彼女の目には、突然始まった戦争の爆弾の破裂として、照明の光が写ったのです。

 

気が動転した彼女は、その場に倒れました。

パニック発作の始まりです。

 

原因が分かれば、原因となった「勘違い」を取り除きます。

勘違いは「戦争が始まった」と言う思い込みです。

 

施術後、彼女は気軽に外出できるようになったそうです。

勘違いとは、恐ろしいものですね。

 

パニック障害でお困りの方、西宮市の健匠館にご相談ください。

健匠館はあなたの悩むパニック障害に、全力で取り組み、解決します。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます