「確かに母も、同じように頑張っていました」

60代主婦からの言葉です。

 

子供には通常、必ずと言っていいほど親がいます。

そして子供は生きていくため、その手本として、殆どが同性の親を見習います。

 

男の子なら父親を、女の子なら母親を見習うことが多く、そのベースがあるため社会生活ができているのです。

例外として、父親大好きな女の子なら父親を見習うことがあったり、男の子でも末っ子なら母親べったり、等もあります。

 

あくまで「同性の親」というのが生活上の参考になりやすく、無意識に真似することになります。

無意識なので、本人は気づいていないのが普通なのです。

 

初めの主婦の場合、「家族のためならとにかく頑張る」ため、しんどいと言うご相談でした。

そこで「自分はどうして頑張っているのか?」という問の答が、自分の母親を見習って、と言うわけです。

 

どうして自分はこんな事頑張っちゃうの、のような「その理由が分からない行動」は、親を見習っての場合がとても多いようです。

親の良いところを見習えば、悪いところの方も見習うのが困りどころです。

 

親に「こんな所、似たくない」と思う方、いらっしゃいませんか。

西宮市の健匠館では、そのようなクセを取り除き、楽な人生に変えることもお手伝いしています。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます