a1640_000399

 

女性のストレスで多いパターンに、

  • 私の主人が
  • 私の彼が
  • 私の子供が
  • 私のお父さんが

というのがあります。

つまり、
「私の?」
というのが問題なのです。

 

「私の」というのは、
「私」と「の」の部分で出来ています。

この、
「の」の部分が重要です。

 

「の」が表す意味として、
「所有者」と「所属」を表しています。

つまりもう少し詳しく、
「ご主人」の場合を例にすると、
私の主人ということになりますから、

  • 私が所有している主人=私のためにある主人
  • 私に所属している主人=私というものに属している主人

となってしまいます。

 

つまり結論として、

私のために存在している、
私を中心として従っている主人

という意味になってしまうんですね。

 

ということは、

私を大切にして、
私のために頑張ってくれるはずの主人が、
私の期待に応えてくれないどころか、
ぜんぜん違うことをしている!

という時にストレスを感じるこが多いわけですね。

そして同じように、
お父さんや彼、
お子さんなどにも考えてしまいがちなんです。

 

この辺りのストレスは、
感情療法で取り除くことが可能です。

「私の」という言葉の作用する思い込みが、
ストレスを作り出していたわけなんですね。

 

もう2週間もすると夏休が来てしまいます。

機嫌よく毎日を過ごしたいものですね。(苦笑


facebookは、治療とは関係ない私の日記です。 ブログに関するご質問、また希望する題材などのご意見はfacebookからご連絡ください。

私のページへは、こちらからどうぞ。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます