足の裏が痛いと言われる症状は、結構頻繁に見られます。
今回の「足の裏」というのは、土踏まずの場合を指します。

足の裏が痛いとき、足裏マッサージを受ける方がいらっしゃるようですが、この選択は多くの場合失敗します。

足裏が痛い本当の原因は、ストレスによるものです。
つまり、マッサージで揉み解す程度では、足裏の痛みが改善することはありません。

足裏が痛いのなら、多くの場合で、何らかに対する「「不安や恐れ」を持っています。
経験上、仕事の成績に対する不安や恐れがよく見られますね。

今月の成績、目標を達成出来るだろうか。
仕事で結果を出せるだろうか。
失敗しないだろうか。

などが強いと、足の裏が痛くなるようです。
そして、ストレスを取り除くと、足裏の痛みは消えます。

足の裏が痛いなら、最近、何か恐れていることに心当たりがありませんか?
感情療法なら、ストレスを最短で解決し、症状を改善することが可能です。

因みに・・・・

足裏は足裏でも、拇指球付近の痛みは、また原因が別になります。
そちらもストレスが原因なのは、同じなんですけどね?

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます