「どうして私は、こう考えるようになったのだろう」

かなり多くの方は、自分の考え方に疑問に感じる所があります。

 

なぜもっと器用に考えられないのか、要領の悪いやつだな、なんて感じです。

このような「考え方のクセ」には必ず原因がありますので、今回は私の例なのですが、参考になれば幸いです。

 

昨年ですが、私は「どうして自分は、いつも頑張りすぎるんだ?」と考えました。

頑張り過ぎのクセのため、私は4年前に脳梗塞で倒れたのを思い出し、原因を探し始めました。

 

考えてみると、私は小さいときから「背が低い」のがコンプレックスでした。

今も160センチほどしかありません。

 

「これを思い始めたのは?」と考えると、どうやら幼稚園に入った頃のようです。

それまでは、外の世界を全く知らなかったのです。

 

幼稚園に入って、私は初めて「自分の背は低い」という事に気が付きました。

それまでは「自宅の中だけの世界」で生きてきましたから、家族以外の世界に興味が無かったわけです。

 

周りは同じ年齢なのに、皆大きな人ばかり。

家に帰ると、私は長男なので、小さな弟と妹だけなのです。

 

私は大きな劣等感を持ちました。

「小さな自分は、大きく劣っている」と思ったからです。

 

「劣っている自分は、人一倍努力しないとだめだ!」と、幼い私は決心したのです。

このようにして、私の頑張りグセはついたのでした。

 

原因がわかれば、あとはそのクセを取り除くだけ。

頑張りグセを取り除くと、私の背中がフッと軽くなったのを思い出します。

 

このように、知らず知らずのうちにしているクセは、体や行動に影響します。

肩が凝ったり、胃が悪くなったりと、クセによりストレスを作り出し、不具合になるのです。

 

お心あたりの方は、ご相談ください。

西宮市の健匠館は、あなたの癖の原因を探し、根本から解決します。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます