「主人が文句言いそう」

「娘が余計なことしてる」

「息子が片付けない」

等とお困りの主婦からのご相談です。

 

この方は非常に気の付く方で、様々な事に気が付いてしまいます。

ですが、決して文句は言わないそうです。

 

と言うか、「言えない」ようですね。

いつも、どうして言えないのだろう、と思います」との事。

 

早速、検査を行います。

検査では「ガマンしなきゃ」と出てきました。

 

そしてこの考えは、いつ身についたのだろうと調べると、意外な事が分かりました。

「ガマンしなきゃ」という考えは、この方のお母様のものだったのです。

 

通常子供は生活するためのお手本として、同姓の親を手本として生きる傾向があります。

男の子はお父さんを、女の子はお母さんを、ですね。

 

この方の場合、女性なのでお母様を生きるための手本とし、考え方「ガマンしなきゃ」を身に着けてしまったわけです。

これでは本人に自覚がなくて、当たり前です。

 

それでは「ガマンしなきゃ」を取り去ります。

テクニックは「感情療法」です。

 

「なぜか肩から胸回りまで、すーっとかるくなりました」

これで余計なガマングセは、なくなったことでしょう。

 

このように「変に頑張るクセ」などは、親から受け継いでいる事が、少なくありません。

西宮市の健匠館の施術は、親から受け継いだクセも取り去り、自由な生活を取り戻します。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます