「椎間板ヘルニアなので、腰痛なんだと言われました」

という方が、いらっしゃいます。

病院でMRIを撮った結果、椎間板ヘルニアとの診断だったそうです。

ヘルニアが治る方法は、主に2つ。
手術か、自然治癒かのどちらかでしょう。

そこで重要なのは、手術をして治るかどうか?ですね。
実はこれ、保証は全くありません。

手術を勧める医師に対して、腰痛が治るという確信は全くありません。
改善しないころか、全く変化しない場合もあります。

本当の話、椎間板ヘルニアと腰痛の関係を証明した事実は、全くありません。
それどころか、腰痛と椎間板ヘルニアは全く関係ないという医師まで出てきています。

そして私も、腰椎椎間板ヘルニアと腰痛は、全く関係ないと考える一人です。
椎間板ヘルには私の施術ではどうにもなりませんが、腰痛なら話は別なんです。

どんな腰痛も必ず原因があるのですが、何らかの事故やアクシデントによる故障以外であれば、その原因は椎間板ヘルニアとは考えにくいです。

恐らく、ストレスによる腰痛が8割、アレルギー性の腰痛が2割程度だと考えます。
実際にその考え方で施術を行うと、即効性が高く、経過も良好です。

全ての痛みがストレスとまでは言いませんが、8割以上の腰痛はストレスが原因で起こっています。
のこりはほぼ、アレルギー性の症状であり、ぎっくり腰にもよく見られます。

逆に言えば、腰痛椎間板ヘルニアと言われたなら、当館の施術で改善する可能性は「大」です。

あとはお医者さんの言葉を信じるか、私の言葉を信じるか。
信じた方が実現するのは、間違いありません。

あなたに都合の良いのは、どちらの考え方ですか?
是非、都合の良い方を、お選びください。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます