どうして春に花粉症が増えるのですか

このように以前、聞かれたことがあります。

 

日本で春といえば、

・入学

・就職

・移動

など、非常に変化の多い季節なのです。

 

変化が多いと、ストレスも多くなりがちです。

人はストレスが大きすぎると、ストレスを『心』だけで受け止められられなくなります。

 

そんな時、心だけで受け止めきれない分を、『体』が分担して受け止めることがある訳です。

この「体で受け止めた」分がアレルギー症状となるわけですね。

 

因みに心で受け止めた部分は、様々な症状となって体に現れます。

うつ病などの他、肩コリ、腰痛、風邪やインフルエンザ、などもストレスにより発症します。

先天性、以外の症状は、ほぼ全てがストレスによって引き起こされていたのが本当です。

 

さて、春のアレルギーといえば『花粉症』ですね。

花粉症の時期って非常に変化が多く、ストレスがきつくなりやすい為に花粉症が増える訳です。

 

気軽にできる花粉症予防としては、手を付けやすい『気晴らし』がおすすめ。

ご褒美のお酒であるとか、甘いものなんかがそれに当たりそうですね。

 

それでも花粉症になってしまったら、健匠館にお任せください。

健匠館の感情療法は花粉症の根本原因を突き止め、取り除きます。

 

実は私も昨年、生まれて初めて花粉症になりました。

しかし、すぐに花粉症治療をしたため、花粉症完治になりました。

花粉症治療の研究をしておいて、たすかりました。(笑

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます