確かに酷い事もされましたが、決して根が悪い人ではないから、文句を言うわけにもいかなくて

ある会社員からの相談中に、会話の中から出てきた言葉です。

 

この方は職場の同僚にお困りです。

その同僚は、本人的には一所懸命仕事をしているようだから、自分を困らせる「奇行」をするけれど、大目に見るべきだという考えだそうです。

 

このような考え方は意外と多く、「悪い人ではないから」という免罪符を作ります。

多くの我慢を強いられた結果、体を壊しがちなのですね。

 

そこで、「一所懸命頑張っている人に対し、怒っちゃ悪いじゃないですか」という事になります。

この辺りの考え方に、大きな間違えがあるのです。

 

それは「全肯定か全否定を選ぼうとしている」事が、間違った考え方だからです。

この考え、とても多いんですよ。

 

例えば「主人はいつも仕事を頑張っているから、気晴しに麻薬に手を出しても仕方がない」が全肯定です。

例えば「今はとても優秀な教師だけど、あの人は元々手が付けられない不良だったのよ」は全否定です。

 

「仕事を頑張っているからって何をしても良い」事にはならないし、「昔悪かった人だったのに今は優秀な先生」のような事もあるわけです。

つまり「良い所もあれば悪い所もある」から、一部を見て全てを判断するのは間違いになりがち、という事です。

 

根が悪い人じゃなくても、間違うことはあります。

優しいお母さんも、怒ることはあるのです。

 

「悪い人ではないから」という気持ちから、とても我慢を強いられている事はありませんか。

健匠館の感情療法は、そんな考え方のクセを修正し楽にします。

 

お困りの方、ご相談下さい。

心身の悪いクセを取り除き、楽な生活を取り戻しましょう。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます