タバコを吸う腰痛の患者さんにいう言葉で。
「タバコを胸ポケットに入れちゃダメですよ!」
というのがあります。

タバコは体から離して、鞄や机に仕舞うべき。
そうしないと、体に悪い影響が出るのです。

体には、体表から数センチほど、反応してしまうエリアがあります。
これが何なのか、科学的に説明できるのか知りませんが、あるものはあるのです。

で、この反応してしまうエリア内に、何があるかが問題。

体に良いものがあれば、体調が良くなってしまいます。
逆に、体に悪いものがあれば、体に悪い影響が出ます。

そんな中、その体に悪いものの一つがタバコです。
これを胸ポケットに入れるとどうなるでしょう。

自分で実験してみると、すぐに分かります。
もしタバコが近くにあるなら、是非自分でも実験して下さい。
タバコの怖さが、よく分かります。

まずはタバコを体から離して深呼吸。
この時点で、自分の呼吸の深さを感じてみます。

で、次に“胸ポケットにタバコを入れて”深呼吸をすると・・・・?

なんと、前ほど息が据えなくなっていることに気が付くはず。
このことで、肺が弱くなっているのが確認できました。

これが何を意味しているのか、それが重要です。

タバコが体に悪いことを、反応してしまう「エリアが感じている」。
実際に体に入ったときの疑似体験を、反応によって体に教えているのです。

これが結果的に、どのように体へ影響するか。

肺が弱る→肩がこる

膀胱が弱る

背筋が弱る

腰痛が出る

という機序となり、肩にも腰にも影響が出ます。

腰痛持ちの人にとって、胸ポケットにタバコは厳禁です。
タバコを体から離し遠ざけるだけでも、腰痛に効果があります。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます