2013年2月発売の、拙著の前書きをご紹介します。

?ねこ背本

?はじめに

 

「私の子どもがねこ背なんですが、何とかならないでしょうか」

このようなご相談が、年々増えているように思います。

 

周りの子たちと比べ、自分の子どもだけ姿勢が悪いとか、走り方がおかしいなど、大切なわが子に対する親の悩みは尽きません。もしかして重大な何かが潜んでいるのかもしれないと思い、すごく心配して当院にいらっしゃるのです。

 

お子さんのねこ背を心配される気持ちは、親として当然だと思います。目に見えない部分が理解できないから、ついつい目に見える部分を、親だからこそ全力で心配してしまうわけですね。ここで言う目に見える部分とは、ねこ背になっているという「結果」のこと、そして見えない部分とは、ねこ背になってしまった「原因」のことです。

けれど、目に見える部分ばかりに注目すると、親は口癖のように「背筋を伸ばしなさい」と注意しているのに、子どものねこ背は一向に治らないという悪循環が生まれてしまいます。でも、本当に親がすべきことは、目に見えない部分をしっかりと考えてあげることなのです。

多くの方が勘違いされているのですが、ねこ背に関して言えば、体の問題はさほど心配されるようなことはありません。猫背になる原因は先天性の異常だったり、なにか重大な病気ではありませんし、ましてや怠けたり、だらけたりしているワケではないのです。ただ、「ねこ背になってしまった原因」さえ解決すれば、すべての子がすばらしくキレイな姿勢になれるのです。

 

では、先ほどの目に見えない部分、「ねこ背になってしまった原因」とはなんでしょう。それには大きく2つの原因があります。

1つ目は「体の使い方を知らない」というもの、2つ目は「ストレスによる影響」というものです。本書ではこの2つに対して、誰でも簡単に自宅でできる改善方法をご紹介しています。

ねこ背は、正しい方法を取れば、必ず治るのです。

 

さらに、ねこ背を治すことは単に「姿勢がよくなる」にとどまりません。他にも素晴らしい効果がたくさん期待できます。

もちろん個人差はありますが、当院でねこ背を解消したお子さんからは、学力や運動能力がアップしたり、疲れにくくなったり、あるいは集中力が高まったりといった、うれしい報告もいただいています。

 

そしてなにより姿勢が良くなると、驚くほどに子どもたちが堂々としてきます。

これは女性がお化粧をして自信をつけたり、きちんとした格好をすると、何だか自分が立派になったように感じる、そんな状態と同じです。

ねこ背を治すことによって外見が良くり、子どもたちが自分に自信をもつようになる。私は、これこそがねこ背を治す意義だと思っています。

これからご紹介する方法は、広い場所も特別な道具も必要ありません。本を片手に読み進めながら練習できますし、試してすぐ、目に見えるほどの効果が実感できます。

詳しくは3章で紹介しますが、まずはお母さんがその方法を練習し、感覚を覚えてください。そして次に、大切なお子さんにも教えてほしいのです。

また、お子さんが上手にできたら、思いっきり喜んであげてください。子どもは親が喜んでくれることで自信を持ち、お母さんのために、必ず頑張ってくれます。

 

本書は、「読むだけで」という類の本ではなく多少の練習が必要ですが、ちょっとしたコツをつかむだけで、「正しい姿勢」という一生ものの財産が手に入ります。

ぜひ、あなたのお子さんを、「自慢の子ども」に変身させてあげてください。

それでは今から、最高の宝物を手に入れましょう。

「健匠館」館長 須田 隆吉

青春出版社 「子供のねこ背は治る!」ページヘ