先日、両足首の不調と、口が開かないという症状でいらした方がいらっしゃいました。
どうも新しい靴が合わないらしく、足首の締め付けがきついと言うことです。

その結果、足の甲(立方骨)が変位してしまい、足が痛くなってしまいました。
しかし、立方骨が変位して痛み出すと、思わぬ影響がでることがあります。

骨格の変位が経絡の流れを阻害し、口が開かなくなる危険性があるのです。

こういう人が歯科や口腔外科に行くと悲惨な目に会うことも。
「顎関節症ですね」なんて誤魔化され、必要のないアゴや歯の治療を受けさせられるのです。

この他にも合わない靴の害として、
・腰痛
・膀胱炎
・肩こり
・肝臓障害
・膝の痛み
・胃の痛み
などの危険性が考えられます。

いずれも“足に合わない靴”の影響で、誰にでも起こりえる症状なのです。

合わない靴は即刻処分!
もうこんな靴、絶対に履かない!!

と言いたいところですが、ほとんどの人にとってお金を出して買った、大事な靴。
捨てるのがもったいなかったら、短時間とかできるだけ歩かないときに、こっそり履きましょう。

そうしないと、必要のない治療に、お金も時間もがかかることになるのですから。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます