足の甲が痛いのです

足をぶつけたという主婦。

 

10日ほど前に痛めたのだが、いまだに痛いそうです。

歩くのはできるけど痛いので、現在は痛い箇所にテーピングで保護していました。

 

検査をしてみると、ストレスの反応もアレルギーの反応もありません。

そこで「関節の歪み」で検査すると、これで反応が出ました。

 

次に調べるのが、歪んだのを正す方向。

これは一般的な触診、触った感触では分からないので、感情療法の調べ方でおこないます。

 

大体のあたりを付け、そこから何ミリどの方向の箇所に、どの角度でアジャスト(矯正)するのかを調べます。

そしてどの強さで矯正するのかも調べ、場所・方向・強さを調整して矯正。

 

ちなみにこの精密な矯正は手では無理なので、アクチベータで行います。

アクチベータというのは下の写真のもので、カイロプラクティックの道具です。

 

矯正後、早速歩いていただいて、矯正効果を確かめてもらいます。

矯正はパチンと一回だけです。

 

痛くありません、治りました

と言うことは成功のようです。

 

健匠館で矯正だけで治ってしまう例は非常に少ないのですが、他にもいくつも症状がありましたから、早くて良かったと思います。

まあこういう事もあるということで。

 

このように症状があるときは、必ず原因もあるものです。

病院ではわからない症状でも、健匠館だとわかりますからご相談ください。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます