腰痛の症状で、多いのは次の2つでしょう。
屈曲(前屈)で痛いのか、逆に伸展(反り返って)で痛いかです。

腰痛の発生機序としては
・姿勢を保つための筋力が低下
・筋力が弱くなるので、相対的に自分の体重を重く感じる
・疲れ果てた筋肉が限界を超え、ついには痛みを発する
となります。

前屈して痛い腰痛は、前屈した時に伸びる、体の後ろ側の筋肉が弱っています。

具体的に主な筋肉の例をあげると
・脊柱起立筋(背筋)
・大臀筋
・ハムストリングス
・腰方形筋
など。

逆に反り返ったときに腰が痛いのなら、体の前の筋肉が弱いでしょう。

これも主なものは
・腹直筋(腹筋)
・腸腰筋
・大腿四頭筋
・胸鎖乳突筋
など。

簡単に言うと、これらの筋肉を強くする操作を行えば、腰痛は消えます。

まずは、どうして筋力が弱くなるかです。
これには2種類の原因が考えられます。

1つ目はストレスです。

ストレスは驚くほど筋力と柔軟性を落とします。
ストレスの影響で腰周囲の筋力が落ちると、腰痛が発症します。

ストレスの威力は恐ろしいほどで、嫌いな人の顔を思い浮かべただけでも、腰痛が発生する事があります。
ストレス起因の腰痛は、ストレスを減らさないと消えません。

また、「この腰痛は治るわけが無い」と思い込んでいても、腰痛は強くなります。
これは意外に多く、長年腰痛を患っている方に多いようです。

ストレスによる腰痛には、特殊な技術が必要となります。
一部の高度なオステオパシー及びカイロプラクティックでも可能ですが、私はEFTを利用することにより、これを解決しています。

2つ目は関節の微妙なずれです。

微妙な関節のずれを察知した筋肉は、関節を破壊させないために、あえて筋力を落とします。
出力をセーブすることで、無理をかけないようにしているのです。

力が出なくなった筋肉は、姿勢を保つことが困難になり疲れ果てます。
筋肉が疲れ果てた結果、痛みを発するのです。

関節のずれが筋力を弱らせるのですから、そのずれを修正すると筋力は復活します。
ただし関節のずれは非常に小さく、レントゲンやMRIでは読めません。

これを可能としたのが、カイロプラクティック等の手技療法独自の検査法です。

屈曲して出る腰痛なら
・寛骨
・仙骨
・腰椎
・胸椎
の変位を疑います。

逆に伸展して出る腰痛なら
・股関節
・恥骨
・寛骨
・腰椎
でしょう。

腰痛の原因は、ストレスか微妙な関節のずれが主因です。

もちろんそれが全てではないですが、経験上9割以上の確率で当てはまります。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます