左の股関節が痛いという患者さん。

40代の女性です。

「股関節が痛くて、足を内側に動かせないんです」

説明によると、サッカーのパスで使うインサイドキックのような感じが出来ません。
足を左右に交差させるような動きが、股関節痛のために出来ないのです。

「なるほど。
それじゃあ、手をちょっと出してみてください」

患者さんの左手をとり、ちょっと指で刺激を与えます。

そして、

「もう一度、足を動かしてみてくれませんか?」

と、動きを試してもらいました。

すると、

「あら、なんで?
足、動くんですけど・・・・」

これは大腿筋膜張筋、太ももの外側にある筋肉が弱っていたことを意味します。
そのポイントを刺激する事で、筋力を活性化したのです。

痛みの原因は大腿筋膜張筋の弱化により、筋肉の柔軟性が失われていたことでした。
そのため太ももの外側がつっぱり、そのせいで股関節が痛いように感じていたのです。

「それでは仕上げをします。
ちょっと仰向けに寝てください」

その後、仕上げの調整をして、この日はおしまい。
帰る頃には、痛みは完全に取れていました。

念のため、1週間後に再び来館されたが、足の方はもう気にならなくなっていました。
そうなった最初の原因は解らなかったのですが、もしかしてお腹を壊したとか、ストレスがあったのかも知れません。

便秘・下痢で大腿筋膜張筋が弱る例は、とても多いようです。
そしてこの症状がひどくなると、膝痛を発症させることがあります。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます