もう何年も、何十年も前にした「突き指」が、今に影響していることがあります。

指で床を押すと痛い。
握りこむと痛む。
など。

この症状は、後に様々な症状を生み出すことがあります。

親指や薬指を痛めたままなら、風邪を引きやすくなります。
人差し指や小指なら、お腹を壊しやすくなります。

もちろん、肩こりの原因になるし、稀に腰痛の原因にもなります。

このように、突き指で関節を歪ませたままだと、様々な弊害があるのですが、解決策はあります。
指を矯正するのです。

指の矯正は、他の関節と同じように行います。
矯正後、かなりの割合で症状を消すことが出来るのです。

ただし、関節が変形するほどの突き指だと、見かけ上は元に戻りません。
外反母趾も同様ですが、痛みは消せても、長年かけて行われた変形までは無理のようです。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます