この1ヶ月ほど、花粉のアレルギーが増えているようです。

 

花粉アレルギーと花粉症は、ちょっと違います。

花粉症は花粉アレルギーの一症状です。

 

花粉症は花粉アレルギーの中で、主に粘膜や目に症状の出るものです。 

一方、花粉アレルギーはどうかというと、あらゆるアレルギー性の症状が出ることがあります。

 

花粉アレルギーで増えているのは、

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 不眠
  • 息苦しさ

等が目立ちます。

 

実は花粉アレルギーで多いのは、腰痛や肩こりなんですね。

 

よく考えてみると、毎年この時期は腰痛になるな、とか、肩こりに悩んでいるなんてのは覚えありませんか?

毎年この時期に出る症状、というのは、この時期に飛んでいる花粉の影響が考えられるのです。

つまり、花粉アレルギーですね。

 

季節性の上場の多くは、花粉や季節の食べ物の影響が考えられます。

これらの症状の場合は季節性なので、大方1?3ヶ月ほどで楽になるのが特徴です。

 

人間、とりあえず楽になっちゃうと症状のことは頭から離れてしまうんですよね。

健康診断から2ヶ月もすると、指導された食事や運動をサボってしまう、なんてのがそうです。

 

当館は原因追求型の施術を行います。

例え半年前の、今は感じられない症状の検査も可能です。

今困っていなくても、症状の検査が可能なんです。

 

毎年お悩みの症状があれば、それはアレルギーかも知れませんね。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます