治療後の患者さんと、お子さんの症状の話になりました。
0歳児の女の子だそうです。

原因不明の鼻詰まりで、毎日、耳鼻科で鼻の中を掃除してもらうほどだそうです。

耳鼻科の先生からは、
「この年齢でアレルギーはありえません。
薬もないので、掃除するしかないですね。
そのうち治るはずです」
という、なんとも訳の分からないご説明。

その場にお子さんはいないけど、実は検査が出来ます。
名付けて『遠隔検査』。
まあ、そのままですけどね(笑

0歳児というか、まだ生後3ヶ月。
病因の検査で何もないということは・・・・

「やっぱりあった!」

思った通り、アレルギー反応が出ました。
耳鼻科の先生も、もうちょっとお勉強してもらわねばね(苦笑

反応で強く出たのは、小麦や卵。
母乳で育てているという事なので、母乳からそれらが赤ちゃんへ行っているという事でしょう。

そして翌日から、お母さんは小麦の摂取を控えると、早速効果が出たそうです。
今まで毎日の耳鼻科通いが、2日に1度になりました。

そこでついに、ご本人、赤ちゃんの治療をする事になりました。

まずは1回目の治療。

小麦や卵、牛乳のアレルギーを除去。
それだけで、鼻の通りがよくなりました。

しかし、まだ完全ではありません。
良く調べてみると、お米にもアレルギーが!

そして数日後、2回目の治療。
前回の治療で、随分と鼻が通ったようで、お昼寝も楽になったそうです。

でも、まだありました。
ホコリ・ダニ・カビです。

これらはお父さんが持っているアレルギーらしいので、その体質が受け継がれてしまったのでしょうか。
経験上、母親のアレルギーが子供へというのはよくあるのですが、父親の体質が、というのは初めてでした。

早速、それらのアレルギーを除去。
さらに鼻が通ったそうです。

多分、あと1回で終われるでしょう。

病因で原因不明の症状なら、ストレスかアレルギーが原因でしょう。
この年齢だと(個人的には)ストレスの確率は低いので、やっぱりアレルギーかと思いますが、お医者サマの言葉を医学の素人が覆すわけにも行かず・・・・
※医者の診断を素人が覆す事は、法律違反になります(苦笑

まあ、『なぜかは分からないけど、整体に行ったら、不思議と鼻が通るようになった』という事にしておきましょうか!!
メデタシメデタシ?♪

 

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます