交通事故の後遺症で悩んでいる方々がいます。

保険の関係で、まだ症状があるにもかかわらず、治療が打ち切られたり、完治しないまま数年が過ぎたり。
交通事故は、後遺症が出やすいようです。

実は、交通事故で後遺症が残る原因は、交通事故の瞬間の記憶にあります。
ぶつかった瞬間の痛み、感情などが、症状を消させなくしてしまうのです。

もちろん、様々な物理的歪みの調整は必要です。
しかし、完治させるためには、事故当時の記憶・感情の操作が必須なのです。

この作業は、EFTやそれに類するテクニックで可能です。
治療後は、事故で怪我をする前の状態まで、戻すことが可能です。

ムチウチなど、事故の瞬間の恐怖感や痛みを思い出せる間は、完全に治ることはほぼ無理でしょう。
後遺症には、特殊な治療が、必要なのです。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます