ぎっくり腰で困っている40歳代の男性がいらっしゃいました。
3日前に突然腰痛が襲ってきて、歩くのも困難な状態です。

「まっすぐ立っていればマシなんですが、体を傾けたり、重心が真ん中からずれると、すごく痛いです」

実際、玄関から入ってくるときも腰を押さえながら、歯を食いしばっての状態です。
これは本当に辛そうです。

とりあえず、早速検査を始めました。

まず、骨格的な歪みがあるかどうかをチェック。
しかし全く見当たりません。

次にストレス検査。
これは少しだけ反応しました。

最後にアレルギー検査。
これが一番大きな反応。

何のアレルギーか調べてみると、どうやら金属アレルギーのようです。

「3日前、歯医者さんとか行きましたか?」

これは歯医者で金属アレルギーに「なってしまう」方が多いからです。
実はこれ、治療に対するストレスが引き金になってるんですけどね・・・・

「いえ、歯医者には行ってませんが・・・・」

「これはどうやら金属アレルギーのせいみたいです。
身に着けている金属って、何がありますか?」

「ポケットの小銭くらいでしょうか」

「では、その小銭を出して、一度歩いてみてください。
きっと、腰痛が軽くなると思います」

実際に歩いてみると、腰痛は少し軽くなったようです。

「金属アレルギー、思い当たるものがありました!
ちょうどカミソリでヒゲを剃ってまして、カミソリでホッペを切っちゃったんですよ。
で、嫌な感じでもう一度切りそうだな、と思ったら、実際にもう一度切っちゃって・・・
その瞬間から、腰痛が出だしたんです!」

なるほど!
そのカミソリに対する嫌な印象が、金属アレルギーを引き起こしたって訳か!

「あのカミソリの刃が、肌にヌルッって入ってくる感覚が、すごく嫌で・・・
今でもはっきりと覚えています」

早速、カミソリで顔を切ってしまった印象を除去。
続いて金属アレルギーの除去。

この時点で腰痛は8割減。
さらに、今まで腰が痛かったイメージを除去して完了。

試しに床に置いてあるスリッパを拾ったり、靴下を履く格好をしてみたり。
全く問題無しのようです。

カミソリで金属アレルギーは初めての経験でしたね。

いつもは電気カミソリなので問題ないそうなんですが、この日だけ、たまたま洗面台にあったカミソリを使って失敗したそうです。
この方の教訓は「やはり1枚刃のカミソリは危ないですね。これからはいつも通り、電気カミソリにします」とのことでした。

私の使っているのはお肌に優しい5枚刃なので、きっと大丈夫じゃないでしょうか。
私は肌が弱いので、電気カミソリだと肌が荒れてしまうんですよね?(涙

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます