あなたは、貧乏性だから

ある日、うちの嫁さんから言われた言葉です。

 

自分では自覚がなかったので、全く気づいていませんでした。

そう言えばお客さんが来ない時、かなり切迫した気持ちになっていましたね

 

「なるほど〜、俺は貧乏症か〜」

妙に納得していた事を覚えています。

 

それではその「貧乏性」を、取り除くことにしました。

一応、「思い込み」を取り除くプロですから、自称ですけどね。(^_^;)

 

まず、自分がどのように考えているのが「貧乏性」なのか。

これは「お金がない」という言葉で表せるようです。

 

それでは「お金がない」というショックで、できるだけ古いものを考えました。

考えてみると、小学1年生のお正月が思い出されました。

 

お年玉を受け取った幼い私は、希望のおもちゃを買うべく、おもちゃ屋へ行きます。

そうして気に入ったものを選び、買って家に帰ったのです。

 

喜びもつかの間、幼い私はあることに気づきます。

お年玉を全部おもちゃにつぎ込んだから、お金がない!

 

そうして「お金がない」に対して、強い不安を覚えるようになったのです。

本当にトラウマってが怖いですね。

 

トラウマがわかったので、私のクセを取り除きます。

「お金がない事で、強い不安を感じる」事をです。

 

そのような感じで不安感を取り除いて、早数カ月が経ちました。

不安がないというのは、物凄く快適ですね、本当に(笑)

 

あなたも強烈な不安感に、お困りではないでしょうか。

西宮市の健匠館では、あなたの不安の原因を見つけ出し、根本から解決します。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます