コンビニで立っていられず、冷蔵庫に頭を打ちつけたという男性。

「なんだかね、もう目眩がして気が遠くなって。
『アカン!立ってられへん!』って思った瞬間、顔面から倒れていったんですよ?
それから、首も痛くなっちゃって」

うーん、こりゃあ重症。
もしかして、病院が先なんじゃあ・・・

なんて考えながら、まずは検査。
経験上、こんな症状はストレスよりアレルギーっぽい。

検査をしてみると、どうやら衣類を洗う洗濯洗剤にアレルギー反応を起こしているらしい。

「洗剤なんで、衣類全てに反応してますね。
よく考えたら、いつくらいから感じてますか?」

「酷くなったのは今日のお昼ですけど、昨日くらいからかなぁ・・・」

なるほど!

「もしかして、酷くなる時って汗をかいてませんか?」

「う?ん・・・汗、ですか?
お昼は○○のカレーを食べたんですけど」

それだ!

「○○のカレーって、結構辛いですよね。
それで汗をかいたのか?!」

汗をかくと、衣類に染み込んでいる洗剤が溶けて、肌に触れやすくなる。
だから急激にアレルギー反応が高まったわけだ。

早速、アレルギーに関わるストレスの除去。
続いてアレルギー自体の治療。

治療が終わると体が軽くなり、首の痛みも取れました。

最近思うんですが、アレルギー性の症状って驚くほど多いですね。
以前は検査技術が未熟だったので、見落としていたのでしょう。

とりあえず、原因不明の症状は当館へ。
病院では、治りませんよぉ?(笑

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます