腰をそらすと痛いと言われる患者さんがいらっしゃいました。
50代の男性です。

「特に朝起きる時が痛くて、顔を洗った後も、体が伸びないんですよ」

こういう「反らすと痛い」腰痛には、一定のパターンがあります。
ほとんどの場合、腰を反らす時に伸びる筋肉に、問題がなのです。

検査の結果、
・腹直筋
・腸腰筋
・大腿四頭筋
・胸鎖乳突筋
が弱り、さらにその影響で脊柱起立筋も弱化していました。

このような症状だと、AK(アプライド・キネシオロジー)が使えた方が理想的でしょう。
AKを使える治療家なら、筋力を調整することも可能です。

弱っている筋肉を調整すると、この手の腰痛は消失します。
筋力が弱っていたため、自分の体重を指示する能力が無かったのが、痛みの原因だからです。

一般に、前屈で感じる腰痛ならば、ストレッチでも良くなることがあります。
一部のマッサージで腰痛が楽になるのは、このケースです。

しかし、体を反らして発生する腰痛は、マッサージでは難しいでしょう。
「筋力が弱る」と言う概念がないと、治療が出来ないからです。

そしてこの概念を知る治療家は、驚くほど少ないのです。