花粉症とは、花粉アレルギーの一種です。よく勘違いされるのですが、花粉症と花粉アレルギーはイコールではありません。花粉症とは、花粉アレルギーの一種なのです。

日本では12月から1月にかけての短い期間以外、ほぼ年中、何らかの花粉が飛散しています。特に花粉の影響が強くなるのが、スギやヒノキの花粉が舞う2月から5月となります。

飛散する時期を考えてみると、スギが2月から4月、ヒノキが3月から5月くらいになります。この時期に花粉症だと、地獄のような苦しみを味わうことになります。目は痒くなり、鼻がつまるので頭もぼーっとして、何もやる気がでないなどの状態になります。

花粉症では、アレルギー性結膜炎やアレルギー性鼻炎等が主な症状となります。目や鼻に出る、不快でイヤな症状です。人によってはその不快さのあまり、不眠に陥ってしまうこともあるそうです。

それでは病院での治療はというと、投薬か手術ということになります。

しかしこれらの手法も一時的な「対処療法」でしかなく、永遠に効果を発揮するわけではありません。

投薬による効果は一時的ですし、また効果にも個人差があり、「薬を飲まないよりはマシ」程度の効果しか感じられない場合も珍しくありません。

特に手術をうけるとなると肉体に対する負担も大きく、手術後は暫く「レーザー治療による火傷」の治療をしなければなりません。手術後に大きく腫れる場合もあるようで、女性では大問題となってしまいます。

花粉症は一旦なってしまったら、多くの場合、一生繰り返す「季節性の症状」となってしまいます。

すべての症状には原因がありますが、その原因を取り除くと、体が回復することがあります。実は花粉症にもちゃんと原因があり、その原因を取り除くことで回復するのです。

 >>>花粉症の原因は花粉ではない